あなたが太っているのは睡眠不足が原因かも?痩せる寝方を徹底解説!

忙しい現代人はどうしても睡眠をおろそかにしてしまいがちですよね。
でも、睡眠不足が続くと徐々に太りやすくなるのをご存じでしょうか? この記事では、なぜ睡眠不足が肥満をまねくのか、また肥満を防ぐためにはどんな寝方をすればいいのかを、わかりやすく説明したいと思います。
心当たりのある方は、ぜひご自分の睡眠習慣を頭に浮かべながら読んでみてください。

なぜ睡眠不足だと太ってしまうの?

近年、さまざまな研究により、睡眠と肥満の関係についての因果関係が明らかになってきています。
それらの研究結果によると、睡眠不足は「食欲増進ホルモンの増加」、「代謝の低下」などを引き起こし、その結果、体が脂肪を溜め込みやすい状態になってしまうとのだとか。
このような状態が長く続くと、だんだん体の代謝が滞り太りやすい体質になっていきます。
では、睡眠不足の時に体がどんな状態になっているのか、くわしく見ていきましょう。

睡眠不足になると食事の量が増える!?

睡眠不足になると、食欲を促進させる「グレリン」というホルモンが増加することが分かっています。
食欲をつかさどっているのはレプチン(食欲抑制ホルモン)とグレリン(食欲亢進ホルモン)という2つのホルモン。
このうちの「グレリン」だけが増えてしまうことで、食欲がわいて食べ過ぎをまねいてしまうのです。

寝不足は冷えと代謝の低下を引き起こす!

睡眠中は体がリラックスして自律神経のひとつ「副交感神経」が優位になります。それにより、体中の筋肉から力が抜けて血のめぐりがよくなり、体のすみずみまで血液が行き届きます。
ところが、起きている時間が長いと、緊張や活動の神経「交感神経」が優位になる時間が長くなり、血流が悪くなって冷えを誘発、体の代謝機能も衰えてしまいます。
冷えや代謝の低下はダイエットの大敵!体がこのような状態になっていると、せっかくダイエットをしても効果半減です。

痩せるためにはたっぷり寝ることが一番!

睡眠がダイエットになる理由は上記以外にもあります。
私たちが寝ているあいだには「成長ホルモン」という体内ホルモンが分泌され、傷んだ細胞の修復や再生が行われています。
これらの働きにも当然エネルギーは必要とされますので、睡眠中も絶えずエネルギーが消費されているということになります。

しかし、睡眠時間が少ないと十分な量の成長ホルモンが分泌されません。
その結果、エネルギー消費量が減ってしまう上に、細胞の修復や再生にも支障が出てしまうことに…。

最適な睡眠時間は、6~7時間と言われています。
十分な睡眠が取れていれば、成長ホルモンがしっかり分泌されてエネルギー消費量が増え、代謝もアップします。
つまり、体が痩せやすい状態になるということですね。人によって適した睡眠時間は異なりますが、まずは6~7時間を目安にしっかり寝るようにしましょう。

さらにこの成長ホルモンは、疲労回復や美肌効果、また体内の脂肪分解を促進させる作用も持ち、まさに「美容の味方」と呼ぶにふさわしい働きをしてくれます。
こんな素晴らしいホルモンが睡眠不足によって分泌されなくなってしまっては勿体ないですね。
やはり、夜はたっぷり寝ることが健康にもダイエットにも最適なのです。

寝方を正して痩せやすい体に!

睡眠の効果を最大限に引き出すには、まず体内リズムを整えることが大切です。そのためには、寝る時間と起きる時間をできるだけ一定に保つのがポイント。
また、睡眠はただ長ければいいというものではなく、睡眠の質を高めることが重要です。

睡眠の質を高めるためには、まずぐっすり眠るための環境作りが大切になってきます。 以下のようなことを心掛けましょう。

  • 寝る1時間前までには入浴を済ませる。
  • 夕食はできるだけ早い時間に食べる。(できれば寝る前の3時間は何も食べないのが理想)
  • 寝る直前までパソコンやスマホの画面を観続けない。

また、しっかり熟睡するためには、寝室の環境も大切です。暑過ぎず寒過ぎず、季節に合った寝具を使いましょう。やわらか過ぎる布団や枕は、体に歪みを生じさせる元になるので避けるのが望ましいです。

寝る時の服装は、肌触りがよくゆったりした着心地のものが適しています。
キツく締め付けるような服は無意識のうちに体が緊張してしまい、質の良い睡眠の邪魔になってしまいます。 素材は、汗を吸い取りやすい綿やシルクが最適。自分が着ていてリラックスできる服を選びましょう

寝る時の姿勢は、仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝などがありますが、それぞれに色々な説があり、寝姿勢の良し悪しは一概には言えません。なので、自分の体が一番心地よいと感じる姿勢で寝るのが好ましいでしょう。違和感があったり、自分にとって不自然な姿勢で寝てしまうと、熟睡できないばかりか体にコリや痛みが生じたり寝違えたりしてしまうこともあるので注意が必要です。

寝ている時の痩せ効果は、成長ホルモンをいかにスムーズに分泌できるかにかかっています。
上記を参考にして睡眠環境を整え、成長ホルモンを分泌しやすい「質の良い睡眠」をとることを心掛けましょう。

まとめ

ダイエットをするなら、睡眠を上手に味方に付けることが大切です。
ぜひ今日からでも痩せる寝方を身に付けて、痩せやすい体作りを目指しましょう!

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る